韓国ヨギ イッソヨ

韓国の文化、ドラマ、音楽、韓国語、旅行、ITなど綴ります。

ソウル東大門 : シルクスカーフ

最近薄めのショールやスカーフを首に巻くのが流行っている。
 
昔買ったセリーヌのスカーフを、タンスから出し、使っているけど、新しいのがほしくなった。
 
ソウルでエルメスセリーヌ、ブルガリなどでも見てみたけど、「これだ!」という絵柄や大きさになかなか出会わない。
 
それで東大門でも探してみることに!
 
 
Dootaを韓国人の友人とショッピングしていた時、二人で「あ!!あれいい!」と言えたスカーフに出会えた。
 
白とオレンジ、紺がラインで入った長めのスカーフ、38000ウォン。
オフィス向けで、白いパンツ、スカートに合いそう。
 
 
でも欲を出して、Dootaで買わずに、他の所も探しに行くことに。
 
 
スカーフ、最近流行りなのか、花柄から、ゼブラ柄、ハングル柄など、デザインは多様。
だいたい大判で15000ウォン。シルクの大判だったら2万円ウォン以上が、相場みたい。
 
小判だったら5000ウォンからもあったし、シルクは1万ウォン前後だった。
 
 
20店舗ぐらいは、ざっと見ただろう。
 
だけど、これだ!というものになかなか出会わず、東大門を2,3時間探しまわる。
 
 
そして、デザイナーズクラブでシルクで明るいオレンジとブラウンの超大判2万3000ウォン。
今でもいいし、秋口にも使えそう。
ま~、納得。 結局、購入。
 
 
韓国ならではの、「まけて交渉」をしてみたが、「充分に安いでしょ」とのことで、少しねばったけど、かなり疲れていたので、あきらめ。
 
 
そして昨日Dootaで見つけたスカーフも買おうと思い、行ったら、今日日曜日はDoota休みだった・・・。
この連休の日曜日に休みですか??!!
 
残念。。。。
 
出発までにまた東大門来れたら、買いに行こう。 買えなくなると、余計に欲しくなる。。。
 
イメージ 1