韓国ヨギ イッソヨ

韓国の文化、ドラマ、音楽、韓国語、旅行、ITなど綴ります。

手話通訳士さんの貢献:J-hope Lollaparooza

f:id:plumeria8:20220806181141j:image
2022年8月1日にJ-hopeが、シカゴでのフェスLollapaloozaで初の単独ライブを1時間、ヘッドライナーとして大成功させました💜

 

Lollapaloozaの運営関係者の一人が「日曜日は観客数少ないけど、この31年でJ-hopeほどチケットが売れたアーティストはいない」と語っていたそうです。

 

魂を込め一つ一つの活動をし、今回もアルバムの準備してきたホビの結果とも言えますね。

 

Twitterなどを見ると本当に多くのARMYが、ホビのステージを見に世界中から訪れていましたが、聴覚障碍者の方もいたり、ライブ放送を見ていた方のためにも手話通訳士さんを要請していたようです。

작은 디테일까지 놓치지 않았다. 롤라팔루자에 수어 통역사를 요청했다. 빠른 랩까지 수어로 통역이 가능한 분을 섭외했다. 제이홉은 관객 한 명 한 명 소중하게 생각했다.

“些細なディテールまで逃さなかった。ロラパルーザに手話通訳士を要請した。早いラップまで手話で通訳ができる方を交渉。J-hopeは観客の一人一人を大切に考えていた”

 

出典

[D-eye] "잘 할 수 있을까?"…제이홉, 의심이 만든 증명 (ft. 지민)

 

 

 

 

事前に韓国語の楽曲も聴いていらっしゃったでしょうし、コメントも事前に共有されていると思いますが、韓国語から英語への手話通訳士さんは神技ですね。

しかもラップまで😵

資格を取るにも大変でしょうけれども、10万人ぐらい集まったと言われるこれだけの会場でのお仕事は、とてもやり甲斐あるでしょうね。

 

会議などの言葉での同時通訳は、2名など複数で行い約15分ぐらいで交代しながら通訳していきます。

この投稿も見ると手話通訳士さんも複数名いらっしゃるようです。

リズムに乗りながら通訳するのも、手話の理解を促す効果があるんでしょうね。

 

Inclusive & Diversity」

誰一人ファンを取り残さない社会。

アメリカは進んでいます。

聴覚障がい者には「手話」、視覚障がい者には「音声ガイド」など、日本もこういった考えや福祉サービスが提供ができるバリアフリーな社会、人材育成が進むといいですね。