韓国ヨギ イッソヨ

韓国の文化、ドラマ、音楽、韓国語、旅行、ITなど綴ります。

MAUM(マウム)韓国人と通話アプリ使ってみて

韓国人との通話アプリMAUM(マウム)。

韓国語で마음と書き、「気持ち、心」などの意味です。

f:id:plumeria8:20220503010800j:image

 

f:id:plumeria8:20220503005755j:image

 

 

GWも始まり、普段だったら毎年韓国に遊びに行っていた時期で、楽しく韓国語で話していたのに、行けない時期を2年も送っています。。。

 

私は昔、韓国にいたので、韓国語を維持したく、毎日下記の様なことで、何かに韓国語に触れることを続けていますが、話す機会をさらに作りたいと思っていました。

そして昨日、韓国人と話せるアプリがあるとTwitterで見つけました。

 

韓国語維持にしている事

・韓国ドラマ見る

・韓国アーティストの動画を見る

・VLIVE、Weverse翻訳する

・知らない単語はスマホにメモる

・韓国語の語学学校通う

・DMM英会話で韓国人先生と会話する

・カカオでリアルチングと話す、チャットする
・韓国語知りたい方に、学んできたコツをお伝えする

・韓国語の記事を読み単語確認する

Twitterで新造語や、オタ活用語らしきものを見つけたら意味を調べる

・テレビのCSで、21時からのKBS WORLDのニュースを見る

 

 

GWに少しでも韓国語を話す機会を作ろうと思い、アプリダウンロードの口コミを見て、早速、アプリ試してみました。

 

MAUM使って分かった事

1日だけしか使っていないので、本当は異なっていることもあるかもしれません。

  • 位置情報はアプリ使用上、取られる
  • 話したい年齢、性別、言語設定してランダムにマッチングして会話開始
  • 相手の国、性別が分かるけど、嫌であればアサインされた時にスキップ可能
  • 7分間での一期一会 (1対1)
  • 右上にタイマーが出ていて時間切れが近づくとアプリ中央に、延長するか確認メニューが出る
  • 延長しなければ7分経ったら自動で切れる
  • 課金にはバルーン🎈購入が必要
  • 7分以上話したい時は、どちらかがバルーンを払う
  • 男女・年齢設定は、最初に設定。変更時にはバルーンで課金が必要
  • 韓国人男性多い、韓国人女性もいた

 

韓国人の方で、日本語は片言か、興味ある方だったようですが、流暢に話せる方にはあたらなかったので、韓国語でずっと話していました。

 

1人目:日本の方 (日本語で使い方を教えていただきました)

 

2人目:韓国の方 (韓国語で使い方教えてくださり、日本情勢に関心があるとのこと。7分で終了)

 

3人目:韓国の方 (韓国語で使い方教えてくれ、2回も延長してくださりましたが、マイクの調子が悪かったのか、相手の声が急にずっと何も聞こえなくなり退出。仲良くなったら連絡先交換すると言っていた)

 

私は韓国語維持と多様なトピック、考え方の多様性に触れたく、いろんな人と話したかったのもあり、誰か特定の人と話すことはあまり考えていませんでした。

出会い系アプリでもないようですし、そのため「7分の一期一会」と日本の方からお伺いし、7分は確かにちょうどよい長さかと思いました。

 

ただ「7分の一期一会」と頭にインプットされていたので、3人目の韓国の方が、7分話して延長してバルーンを出してくださり、さらに2回目も延長してくださり、20分以上話すと少し、だるさ、長さも感じてきました。

 

ただその時、ハッとした事がありました。

延長して世間話をすると、急に相手側の方で、私の音声が二重っぽくハウリングしはじめました。

その瞬間「イヤホンからスピーカーに切り替えた?」と感じました。

 

急に自分の中で深読みし始め、

「あれ?ひょっとしたら、私の話、録音してる?」

「私の声、別の人に聞かせてる?」

と勘繰ってしまい、SNSの基本を思い出して、急に我に返り、音声も聞こえなくなったのもあり、すぐに退出しました。

 

自分の会話をどこで録音され、公開されているか分からないので、

「話してもいいことだけどを話す」

「住んでいる場所や、自分の詳細、本名や個人情報は絶対話さない」

「録音され、どこかで公開されたとしても、セーフな内容だけ話す」

が鉄則だと改めて肝に銘じました。

 

出会い系アプリではないようですが、その認識がない人もいますし、音声ではありますが、話した内容がデジタルタトゥーになりえると思い、そのままそっとアプリを閉じました💧

 

ウェブで詳細な口コミ情報を確認していなかったので、通話アプリ関連は危険性など事前に確認すべきでした。

 

やはり私には、オンラインの韓国語の学校や、本当に勉強目的でのLINEとかのコミュニティの方が向いていると改めて思いました。