韓国ヨギ イッソヨ

韓国の文化、ドラマ、音楽、韓国語、旅行、ITなど綴ります。

ソテジが結婚していた?!

韓国の今日のポップス業界や、活動形態など、最初に築き上げたと言っても過言ではない、国民的カリスマシンガー、ソ・テジ。
ほとんどプライベートが知られていなかった彼が、離婚訴訟中という衝撃的なニュースが、韓国メディアのトップを飾っている。

かれこれ10数年前、オッパから初めてもらったCDが、ソテジがソロになる前に組んでいた「ソテジ ワ アイドル」のアルバムだった。
その時、オッパが言っていたことを思い出した。
「ソ・テジを嫌いな韓国人はいないと思う、それほどカリスマ性のある歌手だよ」と。

たしかに、韓国人の友人とソテジの話が出た時、ソテジを絶賛、または称賛する人が多く、ソテジが嫌いという韓国人に、いままで会ったことはない。


ただ正直、私がアルバムを聴いたとき「普通のバンド」な程度の印象で、特に歌がとても上手で印象に残ったわけでもなく、パクジニョン同様、なぜこんなに韓国で「カリスマ」と言われているのか分からなかった。
(「ファーンサーン ソゲ クデガイ~ッタ」や「ナン アーラヨ」とか頭の中をグルグル回る中毒性のある曲を作っているのは間違いないが...)

しかし、ソテジが韓国音楽界にパイオニアとして登場し、そんな活動をずっと見てきているので韓国人にとっては、ソテジの存在は、音楽の域を超え、韓国人の心を何かしっかりとつかんだ人なのかもしれない。 (日本でいう尾崎豊みたいな存在なんだろうか。。。) ひょっとしたら、1945年に韓国は日本から独立し、国を築き上げてきた歴史的背景があるように、音楽業界を築いたソテジをどこか英雄のように感じているのかもしれない。


そういえばソテジがソロになってから、アメリカや日本で活動していて、数年前発表していた「モアイ」を聴いて以来(曲調が昔とはずいぶん変わっていた)、最近のソテジの活動はあまり知らなかったので、目立った活動はしていなかったのだと思う。

このあまり音楽活動の報道がなかったソテジに、今日この離婚報道で、
 ①ソテジが結婚していた!
 ②相手がタレントのイ・ジアだった!(俳優チョン ウソンと噂が。。。)
 ③子供が二人もいた?!(本当はいないらしい)
 ④おまけに離婚?

と4重のビックリが、韓国中を駆け巡っているようだ。

ラジオでもやけに今日はソテジワアイドルの曲が流れてるし、DJの女性は「ソテジのファンだった」と言っているし、この報道には多く韓国人はショッキングだったんだろう・・・。

これから「カリスマ ソテジ」が、どう韓国人の目には映っていくのか、韓国人の友人たちに聴いてみたいと思う。